避妊薬を通販でお得に購入

OCとも呼ばれる低用量ピルは毎日服用すればほぼ100%の避妊効果があります。副作用も少ないので安全です。通販でも購入可能です。

低用量ピル(OC)の効果、副作用

低用量ピル(OC)の効果

低用量ピルとはピルの中でも安全性、確実性が高い経口避妊薬です。一般的にOC(Oral Contraceptives)と呼ばれており、毎日決められた通りに服用することで妊娠することはほぼありません。妊娠を防ぐ以外にも様々な女性に嬉しい効果を得ることができ、一昔前に比べて認知度も高くなっています。しかし海外では一般的に使用されていますが、日本ではまだまだ浸透率は高くないと言えるでしょう。

低用量ピルの種類

低用量ピルには様々な種類が色々な製薬会社から開発、販売されています。基本的に低用量ピルには2種類ホルモンが含まれており、エチニルエストラジオールは必ず含まれています。もう一つのホルモンはレボノルゲストレル、ドロスピレノン、デソゲストレル、ノルエチステロンの4種類のうちの1種類が含まれています。この含まれている成分によって第1世代から第3世代まで分けられているのです。

低用量ピルの種類

その他にもこの区分の他に配合量などで1相性から3相性にまで区分されており、同割の配合量のものを1相性、3つの段階に変化するものが3相性になります。低用量ピルの中でも今主流となっており人気が高いのがトリキュラーとマーベロンで、トリキュラーは第2世代3相性、マーベロンは第3世代1相性になります。

低用量ピルの効果

低用量ピルは毎日定められた通りに経口投与することでほぼ妊娠することを防ぐ効果があります。まず排卵自体を抑え、妊娠しないようにします。そして排卵をすでにいていたとしても子宮内膜の増殖を抑えることで受精卵の着床を防いでくれます。さらに子宮頸管にある粘液を変化させることで精子自体を子宮に侵入させないようにするのです。これらの効果により低用量ピルを服用中はほぼ妊娠することはありません

妊娠を防ぐ効果以外にも生理のたびに悩まされていた生理痛、そしてその生理自体の周期も正すことができます。また、ニキビや肌荒れなどのトラブルも改善され、女性特有の疾患である子宮体がん、卵巣がん、子宮内膜症などを予防にもつながります。低用量ピルの効果は妊娠を防ぐ以外にもたくさんあり、避妊目的以外で使用している人もたくさんいます。

低用量ピルの副作用

低用量ピルの副作用

低用量ピルは従来のピル(中用量)などに比べて安全性が高く比較的副作用が少なく体への負担もあまりありません。しかし妊娠と同じような状態へ体を持っていくため、妊娠の初期症状と同じような症状がでることもあります。主な症状として、不正出血、眠くなる、胸が張って痛みを感じる、吐き気、頭痛、だるいなどの倦怠感、精神的に不安定になるなどです。これらの症状はさほど強いものではなく稀に表れますが、もし重度な場合は医師に相談してください。

低用量ピルの副作用で注意が必要なのが血栓症です。血液が固まってしまい血管が塞がってしまうのです。通常の女性に比べて3倍ほどなりやすいと考えられており、特にタバコを吸う人は注意が必要となっています。もし低用量ピルを使用中むくみやすくなったりしびれを感じる場合は早急に医師に相談してください。

低用量ピルの飲み方

低用量ピルはほぼ妊娠を防ぐことができますが、飲み方を間違えると効果を得ることができなくなってしまいます。避妊目的で使用する場合は、生理初日に服用をスタートさせることでその日から避妊効果を得ることができます。もし初日に飲むことができなければ1週間は効果が得ることができないのを覚えておきましょう。そのまま服用を21日間続けます。

低用量ピルの飲み方

ここで重要なのが、もし1日でも飲み忘れてしまった場合、妊娠を防ぐことができなくなる確率が高くなってしまうため、一旦服用を中止し、生理が来るのを待ちその間は他の避妊方法をとるかSEX自体を控えてください。生理が来たらまた1から服用を始めます。低用量ピルには21錠と28錠のがあり28錠は7錠がブラセボ(偽薬)となっています。飲み忘れ防止のための7錠なので、飲み忘れやすい人など向けとなっています。21日間飲み続けた後は生理関係なく7日間休薬期間となります。そしてまた最初から服用を始めます。

低用量ピルの値段

低用量ピルは避妊薬の為病院で処方してもらう場合保険が適用されません。さらに初診料や診察料などもかかってしまうので毎回通院して購入するのが値段的な問題や手間だという人もいます。低用量ピルは妊娠を望まない女性にとって強い味方なのですが保険が適用されない事で一線を引いてしまう人もいるのです。そこで今人気の購入方法として通販での購入がピックアップされているのです。値段も病院での処方よりもはるかに安く1箱1000円から1500円ほどで販売されているので手にしやすくなっています。

低用量ピルを通販で購入

低用量ピルは個人輸入として海外で一般販売されているものを購入することができます。通販で購入するのと同じようにスマホやパソコンなどで簡単に家にいながら購入できるのです。低用量ピルを通販で購入する事でお得に、さらに誰にも知られずに手に入れられるので人気の購入方法となっています。