避妊薬を通販でお得に購入

避妊方法は日本ではコンドームが一般的ですが、避妊手術、リズム法、IUS、IUDなどもあります。

避妊の方法

避妊薬

避妊薬

避妊薬とは一般的にピルやOCと呼ばれる女性が服用するホルモン剤です。毎日服用するタイプのものや、性行為後に服用するタイプのものがあり避妊方法の中では一番確実性が高く、低用量ピルの場合正しく使用すればほぼ100%妊娠することはありません。

アフターピル

避妊方法の中で唯一SEXの後に使用するのがアフターピルです。SEXの際妊娠を望んでいないにもかかわらず何かしらが原因で避妊に失敗してしまった時の緊急避妊方法としてアフターピルを72時間以内に服用します。72時間以上時間がたってしまうと効果を得ることができなく、時間が早ければ早いほど避妊の確率も上がるのでなるべく早めに服用する必要があります。アフターピルにはプラバノール錠とノルレボ錠がありますが、今現在では副作用が少なく服用回数も1回で済むノルレボ錠が主流となっています。

しかし効果が高い反面、ノルレボ錠そのものの値段が高く保険も適用されない1回費用が高額なものとなってしまいます。そこで通販で購入することができるノルレボ錠のジェネリックであるアイピルが人気となっています。アイピルはノルレボと同じ成分ですので効果や効能は同じなのですが価格が1000円~2000円ほどで購入することができます。

低用量ピル

低用量ピル

避妊方法の中で一番高い確率で避妊でき、安全性が高いのが低用量ピルです。毎日決められた順番で服用することでほぼ妊娠には至りません。避妊効果以外にもホルモンバランスの整えにより正確な生理周期を迎えることができ、生理痛や生理困難症、生理前症候群なども緩和効果が望めます。

低用量ピルの中で代表的なのがトリキュラーとマーベロンです。ホルモンの種類や配合量などによる違いがありますが基本的に同じ効果で、安全性が高いです。トリキュラーとマーベロン両方とも病院処方となりますが、通販でも購入することができます。

コンドーム

コンドーム

一般的な避妊方法で一番身近な存在なのがコンドームです。ゴムの素材に良く似た材質からゴムなどとも呼ばれています。SEXの時男性の性器に装着することで精子の挿入を防ぎます。コンドームは避妊以外にも性病予防にもつながるので妊娠を望まないSEXの場合必須アイテムとなります。しかしコンドームの避妊率は70%ほどとあまり高いものではなく、破れてしまったり、穴が開いてしまった、性器を抜くときにゴムが外れてしまったなどと失敗することがあります。確実な避妊方法とは言えない為、避妊薬との併用が望まれます。

IUS、IUD

IUS、IUD

IUSとIUDはどちらも子宮内避妊具と呼ばれるもので子宮内に器具を装着します。出産経験があり長い期間妊娠を望まない場合にお勧めとなっています。5年ほど交換なしで使うことができます。IUSはホルモンが添加されており持続的に黄体ホルモンを放出し続けることで子宮内膜の増殖を防ぎ、受精卵が着床しないようにしてくれます。IUDは銅や薬剤がついたもので、着床を防ぎ銅イオンによって精子の活動を抑え受精を防いでくれます。両方とも避妊の効果は高く一度つけたらしばらくは放置したままで大丈夫なのですが、医師によって子宮内に器具を装着しなくてはいけない事と費用が高額なためあまり一般的とはなっていません。さらに生理が来なくなるなどの副作用も稀に見られることがあります。

避妊手術

避妊手術は男性や女性の妊娠に必要な機能をなくし妊娠させなくするための手術です。一度手術をすれば永久に妊娠することはありません。男性の避妊手術は一般的にパイプカットと呼ばれるもので精子が通る道の精管をカットすることで精子が帆子ばれることがなくなるので妊娠にはつながらないのです。この手術ですが子供がすでに一人いて、配偶者の同意書がないといけないなどの制約があるので独身男性ではできない可能性が高いです。

避妊手術

女性の避妊手術は卵管結紮術(らんかんけっさつじゅつ)という方法でお腹にメスを入れ卵子を運ぶための卵管をカットします。これにより卵子が子宮内に運ばれなくなり妊娠に繋がらなくなるのです。避妊手術はどちらも体に負担もあり、さらに子供が欲しくなっても生殖能力がなくなってしまっているのでほぼ無理な話です。母体の体調問題や金銭問題などから今後一切妊娠を希望していないという強い意思の人でないとお勧めされていません。

リズム法(オギノ式避妊法)

リズム法と呼ばれている避妊方法はオギノ式避妊法で、排卵周期を把握し排卵時期を推測することで妊娠を避ける方法です。排卵予定日から前後の数日間はSEXをしないなどの方法なのですが、リズム法であるオギノ式避妊法は確実性があるものではなく、避妊率も高くない事から他の避妊方法との併用が望まれます。