避妊薬を通販でお得に購入

避妊薬は毎日服用するものと事後に服用する2種類があります。ただし市販はされていません。通販では病院処方よりも安く購入する事が可能です。

避妊薬の効果、種類

避妊薬の効果

避妊薬とは望まない妊娠を避けるために服用する治療薬のことです。SEXは妊娠をするための行為だという事は義務教育中に学ぶことで、生殖行動をとれば妊娠をするのは=(イコール)なのです。しかし人間は生殖行動の為だけではなく、性的な欲求の為、コミュニケーションのため性行為をします。しかし妊娠を望まない場合は必ず避妊しなければ妊娠してしまうかもしれないのです。避妊薬は大きく分けると2種類あり、避妊に失敗した時に飲むタイプと、毎日飲むことで避妊するタイプのものがあります。

避妊薬の効果

避妊薬には主に女性ホルモンが含まれています。女性の生殖機能を司っており、排卵を抑制させることができるので、子宮頸管粘液の様態を変化させ、精子が子宮内へ入り込むのを防いでくれます。そして子宮内膜に変化が起こり、受精卵が着床されるのも抑えてくれるのです。使用方法通り正しく使用すれば、妊娠する確率は0.3%と極めて少なくほぼ妊娠することはないと考えられます。これは避妊手術でおこる妊娠の確率の0.1%から0.5%をした回る確率で避妊方法の中では一番確実性が高いともいえます。

避妊薬の効果

避妊薬には避妊の効果以外にも、様々な女性にとってうれしい効果があり生理周期を整えてくれたり、月経時の困難症を緩和し、生理痛や、量が多かった人も軽減させることができます。子宮内膜症の治療にも使われていて、女性ホルモンの均衡を整えることで、他にはニキビの改善効果なども期待できるのです。

避妊薬は一般的にピルと呼ばれており、ホルモンの量で種類が異なり、量が多いのから高用量ピル、中用量ピル、低用量ピルに分けられています。一般的に避妊薬と呼ばれているものは今現在低用量ピルで、中用量などは治療用ピルとして扱われています。

避妊薬の種類

避妊薬の種類ですが、避妊に失敗した時に72時間以内に使用するアフターピルと、毎日決められた通りに服用することでほぼ妊娠することはない低用量ピルの2種類あります。どちらも避妊薬なのですが、ホルモン量はアフターピルの方が多くなっています。

アフターピル

アフターピル

アフターピルは別名緊急避妊薬とも言われており、避妊に失敗したSEXの後72時間以内に服用することで妊娠を予防することができる避妊薬です。SEXの後に飲んで効果を発揮するピルなのでアフターピル、もしくは次の日の朝に使用するからモーニングアフターピルと言われています。

アフターピルには2種類あり、その薬によって方法が分けられています。ヤッペ法と言われている方法がプラバノール錠を使用しており、副作用なども多く血栓症になる確率も非常に高かったので今現在ではあまり使用されることはなくなりました。もう一つの方法はノルレボ法と言い、今現在主流の方法となっています。ノルレボはヤッペ法に比べると副作用も減少され安全性も高く服用回数も1回で済みさらに避妊の失敗確率もヤッペ法の3分の1の1%しかありません。

日本でノルレボが承認されたのはごく最近のことで、海外では一般的にノルレボが使用されているのです。ノルレボのジェネリックにあたるアイピルは海外で人気のアフターピルで多くの人がアイピルをアフターピルとして利用しています。

低用量ピル

低用量ピル

低用量ピルは毎日決められた通りに飲むことによってほぼ100%妊娠することがない避妊薬です。毎日1回使用することで、排卵を抑え、避妊効果に繋がります。

今現在で一番避妊の効果が高いと考えられている避妊方法で、安全性も高く副作用もほとんどない事から妊娠を希望していない女性にとって必要なアイテムであることに間違いまりません。低用量ピルは避妊効果以外にも、女性に嬉しいメリットがたくさんあり、生理周期が一定となる、生理困難症が軽減される、生理前症候群の改善、女性特有の疾患予防、肌荒れやニキビの改善、予防などなど今までの悩みを解決させることができるのです。避妊目的ではなくても低用量ピルを使用している人はたくさんいます。

低用量ピルにもたくさん種類があり、その中でも代表で人気が高いのがトリキュラーとマーベロンです。

トリキュラー
トリキュラー

トリキュラーとはドイツの製薬会社が開発した低用量ピルで、21錠タイプと、28錠タイプのものがあります。正しく毎日服用することでほぼ0%に近い妊娠の確率となります。トリキュラーは低用量ピルの中でも第一選択に選ばれることが多く妊娠を望まに女性にとって欠かせないアイテムとなっています。

マーベロン

マーベロンはアメリカの製薬会社メルク&カンパニーが開発した低用量ピルです。マーベロンにも21錠タイプのものと、28錠タイプのものがあり、飲み忘れ防止など自分で選択することができます。マーベロンも毎日正しく服用することで100%近い避妊作用&生理痛の緩和など女性に嬉しいメリットを得ることができます。

避妊薬を通販で購入する方法

避妊薬を通販で購入する方法

避妊薬のアフターピルや低用量ピルは日本国内では処方箋薬として指定されているので、市販はされておらず、店頭などで一般的に購入する事はできません。病院で処方してもらうのが一番ベストな方法なのですが、処方箋でありながら避妊目的は保険適用外で治療薬代や、診療代すべて10割自己負担のため高額な費用となってしまいます。

値段での避妊薬の躊躇はとても残念なことで、望まない妊娠の為にも避妊薬は女性にとって重要なのです。そこで値段で悩んでる方や、避妊薬を病院で購入するのに抵抗がある方にお勧めなのが避妊薬を通販で購入する方法です。

アフターピルや低用量ピルを通販で購入することができるの??と知らない人もたくさんいるかもしれませんが、避妊薬は通販で購入することができるのです。実際多くの人が避妊薬を通販で購入しており、そしてそのリピーターとなる人がほとんどなのです。日本では処方箋薬でも海外で一般的に販売されているものであれば、個人輸入で医薬品を購入する事は認められているのです。もちろん中には個人輸入できない医薬品もありますが、アフターピルや低用量ピルは個人輸入することができます。

避妊薬を通販で購入するメリット

避妊薬を通販で購入するメリット

個人輸入となると難しいイメージですが、最近では個人輸入代行サイトなるものがあり、通常の通販と同じように簡単に買うことができるのです。最近はスマホが主流でどこにいながらでも避妊薬を注文するこができ、自宅に届けてくれるのです。自宅に届けられると少し気まずいという人は郵便局留めなどのサービスもあるので、選択してみましょう。さらに避妊薬は通販で安価な値段で販売されており、診察代や初診料もかからないのです。そして日本では販売されていないジェネリック医薬品も注文することができるので、通販がお得な購入方法となっています。

海外では避妊薬は一般的に使用されていて、望まない妊娠を避けるためにも必要なもので若い世代の女性にとっては当たり前の存在です。健康なのに病院へ行くのに抵抗がある人や、避妊薬を使用しているとなんだか男好きと思われる、親が避妊薬を理解してくれないなど日本には特有のジレンマが未だにあるのです。もしそのような事でお悩みであれば、通販で避妊薬を購入できることを覚えておくと大変便利でお得となっています。